日々の記録

【保活】6園通ってわかった!こんなに違う保育所&幼稚園の個性


タイトルを見て、6園?!となった方も多いのでは…(°▽°)実は上のお姉ちゃんと三つ子と合わせて通算6園目に通っています。
なぜ6園かと言いますと、三つ子出産のために転居→子育てのために転居→子育てのために転居→イマココ と三つ子の出産育児に関連して3回引越しをしており、さらに一時4人が同じ保育所に入れなかったりして別々の保育所に入れていたということもあり、こんなに経験豊富になってしまいましたm(_ _)m
最近、保活で悩んでいるママ友と話す機会が多くて聞かれることも多いので、今まで通った個性豊かな6園のタイプをまとめてみます。あくまでも1つの我が家のケースですが、参考になりますように。

我が家の通った6つの園はこちら

 

公立認可保育所① 関西圏 保活激戦

特徴
かっちりキッチリ
ハード古いが駅至近で広い園庭あり
布おむつ育児
職場から家に寄って荷物置いてからお迎え…なんかがバレるととても怒られました。今のご時世リモートワークも多くの仕事であると思うのですが、自宅で仕事を…と言ってもやはり怒られました(*_*)保活激戦区で入所させていただいただけありがたいのか…
ただ、厳しいだけあって、子供のお世話も親へのホウレンソウもキッチリしっかりしてくださり、安心して預けることができました。

認可外保育所 @夫の田舎 保活厳しめ


特徴
ワイルドだろ〜ぉ?を地でいくのびのび自然系小規模保育所
トタン壁のボロボロ小屋、全年齢が同じ部屋で保育、トイレは屋外
園庭の遊具は重機で土砂を積んだところに丸太を2本組んだだけのものと、登り棒のみ。
月に一度は登山、夏は11月までプール(朝から食事と午睡をはさみ、夕方は16時ごろまでプールしている)、
砂遊びといえば、パンイチで顔だけ出して砂風呂
泥遊びといえば教員が園庭に水を撒いて泥だまりを作り、その中でパンイチで泳ぐこと
雨の日は全園児で椅子取りゲーム
公立認可からの転園で衝撃の連続でしたが、今思えばあそこが一番子供がキラキラしていた(*´-`)
手作り品バザーや運動会運営など親の負担多目

私立認可保育所① @関東圏 保活イージー

私立認可保育所② @関東圏 保活イージー


三つ子と長女が同じ保育園に入れず、送迎が大変だったりイベントが大変だったり…2園の特徴は以下の通り

キリスト教系の2園。保育所の枠が余ってる環境の中の私立ということもあり、園長は経営者、保護者はお客様という位置付けが新鮮でした。
また両方とも0歳児保育をしており、育休復帰の正社員、公務員の親が多く、雰囲気は少しお上品?

三つ子の保育所
オムツの記名大変だから無記名でOKにしてくださったり、駐車場から玄関通って保育室への往復が大変なので窓から荷物をどんどん渡してくださったりとても融通きかせてくれてありがたかったです(*´-`)
給食(離乳食)の対応がきめ細かく、定期的なアンケートで食材リストに一つ一つ食べたことあるなしを答えるとそれを踏まえたメニューにしてくれていました。小規模私立ならでは?

長女の保育所
お誕生日会はドレスやヒーローの衣装をきて一人一人が主役、保護者がゲストとして招かれ、親も含めて記念撮影なんかもしていただける、プレゼントいただける、顧客満足度を高めるしかけが随所に感じられました。保護者会でも発達理論に基づいた指導内容の実演など、預けててよかった感を感じられます(*´-`)職員もほのぼのよりパリッとめ。親も送迎時にタイムカードを押し、1分でも延長なら延長料金でした。ハードもきれいで地域ナンバーワン人気園、園長の経営手腕を感じられた園。

公立認可保育所② @関東圏 保活イージー


私立に比べるとほのぼのめ。
園の方針がゆるいので、クラス担任のポリシーややる気、経験値によって保育内容のばらつきが大きい印象。パート保育士が良い意味で近所の優しいおばちゃんたちという雰囲気でとても可愛がってくださった。
ハード古い、おもちゃ古い
山の麓にあり、散歩&外遊び多めで子供達は体をたくさん使っていました。

私立幼稚園 @関西圏

←イマココ

初の幼稚園!マンモス園。
現代の親事情を汲み取って、親的な負担を軽減してくれるイマドキ?園。使ってる掃除機も全てダイソンだったり、ボーネルンドルームがあったり、随所にイマドキ感を感じられます(*´-`)
通常保育後のお預かり保育も行なっており、働く親でも通わせられる。
お預かり申し込みは当日でも電話一本でOK。核家族でワンオペには心強い味方!完全給食で、お弁当日は月に2日程度だが、作りたくなければオプションでお弁当を作ってくれる。
在園児は夏休みの一日保育が1000円で利用でき、ありがたい限り。
また、オプションで園内の課外活動も参加でき、英語、体操、書道、サッカーなど送迎なしで習い事もできます。これは習い事させたくても送迎が負担な働く親にはありがたい( ´ ▽ ` )
子育て支援として満2歳クラスもあり。
確固たる教育方針はあまり見えない
がマンモス園なので仕方ないのかも

まとめ

私立
経営方針によって保育内容に大きな違いがあり、なかには個性がキレッキレの園も!
予算配分にも園の方針が現れており、ハードに投資する園もあれば、食事の材料や調味料にお金をかけてこだわる園も。
顧客満足度を大切にしており、イベントごとにも注力している園が多い印象。
どんな子供に育てたいかと子供の適性が園の方針とマッチしていることが大切。保護者も園の方針に共感している人が集まっている。
自分の考えとマッチする園に入れれば、満足度がかなり高く、価値観のあう人たちに囲まれて充実した保育所ライフが送れそうです。

公立
公という特性上、園の方針としてはフラット。
特別感よりも、家で行うべきしつけや生活を親代わりとなって着実に行なってくれる安心感がある。
保護者も子供も幅広い人と出会える。
イベントはあまり大がかりにしないが、季節感を感じられる童謡や、一般教養となるむかし話などしっかり教えてくれる。
公平性が重視されるので融通はききにくい
担任のキャリアによって保育方針や内容に差がある。

いかがでしたか?
本当なら同じ保育所で卒園までさせてあげたいと毎度涙涙の決断でしたが、その都度沢山の保育士さんや保護者の方と出会い、励まされてなんとかやってこられました。保育所に対して不満を抱いているママ友の話も聞きますが、私としては、今まで出会った保育士さんは子供の個性やあるあるを一番共有できる子育てのパートナーとして、とても信頼しています。4人の子育てで一人一人に対して親ができることは限られていますが、保育所や幼稚園のスタッフがチームで子育てをしてくれることでよりたくさんの愛情をかけてあげられたと感謝しています。
子供達が長い時間を過ごす保育所。この記事を読んでいる方にもぴったりの信頼できる保育所、幼稚園に出会えますように^_^

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング