プロフィール

Shiori

モヤモヤしていたら、家事・子育てが「やらされ仕事」に感じてツラくなった…。
いつも理由もなく不機嫌なママだった私が失敗経験から同じように悩み、がんばるママに「もやもやママ」脱出のコツを伝えます。

一橋大学社会学部卒業
(株)リクルート入社 結婚情報誌の営業、イベント企画、商品企画、営業企画を経験
現在は子育てひろばスタッフとして子育てママの相談にのる傍、地域のママと街とお店をつなぐ「ママパスポート長岡京」の運営スタッフ・ライター
アンガーマネジメントキッズインストラクター
キットパスアートインストラクター
プライベートでは4歳の三つ子を含む4児ママ

このブログを書いている人

Shiori
Shiori
Shioriです!

2016年生まれの一卵性三つ子と2014年生まれのお姉ちゃん4姉妹の母
サラリーマンの夫の妻。昭和生まれ。

大手企業で働いたのち、三つ子の妊娠をきっかけに退職

学習塾もない、コンビニもない田舎育ちの私ですが、
小さな頃から成績がよかったため、
周囲から期待されて中学を卒業して実家を出て、下宿から東京の進学高校へ通いました。
とはいえ、幼い頃からお受験しているような都会のライバル達と対等になれるわけもなく、
レベルの高い授業に追いつくため勉強漬けの日々。
朝は朝勉、学校が終わると予備校で夕方から夜間の授業、それが終わると自習室が閉まるまで勉強・・・歩きながらイヤホンで勉強、電車では寝ないように常に立って参考書・・・。
その甲斐もあり、はじめは赤点ばかりの落ちこぼれが、全国模試で名前が上位に載るようになり、
結果的には第一志望だった東京の国立大学へ現役合格。
誰よりも努力していた、と胸を張って言える経験でした

大学はいわゆる「一流大学」だったので、売り手市場の中
友人たちは就職人気ランキングの上位にある会社にどんどん就職が決まり
私自身も大手情報サービス業の総合職として東京本社で働きはじめました
ホテルのように美しいオフィスで働き、
会社帰りは美味しいものを求めて銀座や六本木、休暇は海外旅行も。
ヒルズのレジデンスで社長の集まるパーティーにお呼ばれ・・・なんてことも。
先輩達や同期達との話題は、キャリアや投資や趣味など、華やか。
会社生活は悩むこともありながら、給与を充分もらい、結婚しても働き続けて、やりがいや自己成長を感じていました。

第一子は育休を取得し、時短で復帰。
子どもは二人で、共働きで・・・と描いていた人生プランが大きく動いたのは
次の妊娠が「三つ子」だったから!!!

三つ子発覚当時、夫は海外単身赴任中。
産むと決意したけれど(と言っても大変さはあまり理解できていなかった)
仕事復帰できるイメージは全くわかず、
さらに育てるためには早急な退職と転居まで必要。
キャリアについては深く考えず、退職しました。

乳児期の三つ子育児が過酷だった

妊娠出産は、詳しくは出産期を見ていただきたいのですが、
低体重で生まれた三つ子と出産7日後に同時退院したため、帝王切開の傷が治りきらないうちに、2歳0ヶ月の長女と生後7日の三つ子の育児開始。
ハイリスク妊婦に耐えられる出産環境を求めて転居したため、友人も自分の家族もいないところで社会とのつながりも断絶(夫は海外単身赴任中)。
自治体からの支援制度は求めても何も受けられず、田舎なのでシッター・ヘルパーも近隣で対応できる人がおらず、
低体重で昼夜問わず細切れに授乳が必要な三つ子に対応していたため、細切れ睡眠が続き、精神不安定に。
歯磨きは1日1回できれば上出来、
着替える暇がないので、朝になったらパジャマの上に上下ジャージを重ね着。
横になる暇と起きあがる体力がないので、毎晩体育座りで寝ていました。
メイクは1年近くしなかったので、化粧品にカビが生えてました。
妊娠前に比べて体重が15%落ちました。
その後、夫も帰国、子どもたちも育ってきて社会とのつながりも回復し、いまは元気に過ごしています。
でも、小さくて可愛かったはずの娘たちの記憶はあまり思い出せず
悔しかった悲しかった絶望した・・・
思い出せるのは、煮えたぎるような怒りの感覚ばかりだったんです。

私の「モヤモヤ期」

四姉妹も幼稚園へ入園し、少し自分の時間ができはじめた頃・・・「また働きたい」と思うようになりました。
そこで、求人サイトを検索。延長していた失業給付をもらいながら職探し。
相変わらず地縁のない土地での子育てで、ワンオペ育児は確定。
学歴や過去の職歴を記入しても、家事・育児をこなしながら働ける時間、曜日で探していくと「経験不問」「軽作業」等の求人を勧められます。
頭では、求人を見せてもらえるだけマシ、そうわかっているけれど、
私の子ども時代からの勉強の積み重ね、今までのキャリアの流れ着いた先は
「経験不問」だった
私の人格も経験も、全て無価値になってしまった気がしました。
友人から言われた
「子どもが人生の邪魔じゃない?」
「うちは三つ子じゃなくてよかった〜」という言葉がいつまでも頭をぐるぐる回っていました。

それからと言うもの、育児と家事は「無理やりやらされ仕事」のように感じ(実際には自分で選んできたのに)
ますます子ども達や夫にイライラして当たることが多くなりました。
思い出しては怒りが増幅して、自分では止められないほど怒ってしまうことが増えました。
子どもたちの成長にも悪影響が及んでいると感じ、
家族のためにもこのままではいけない、と思い、
いくつか興味がわいた講座の勉強をはじめました。
それから、地域のママを支援する活動に参加させてもらうことにしました。

正直に言えば、すぐには変われませんでしたが、周囲の温かい関係性の中で少しずつ自分を取り戻してきました。
「大変には大変だけれど、幸せだな〜」と思える時間が増えたことが私の一番の成長です。

趣味・好きなこと

小さい頃は田舎育ちだったので娯楽がなく、金曜ロードショーと少女漫画「りぼん」をこよなく愛していました。好きだった映画は「グーニーズ」、「インディージョーンズ」「ジュラシックパーク」や大長編ドラえもん!そして、今もその名残でマンガ好き、最近は家族で「鬼滅の刃」にハマってます。

元気いっぱいな4人の子供たちと試行錯誤の日々

乳児期を超え、現在は幼児!子供たちの成長、自分の成長、夫婦の成長、家族の成長を支えるお母さんになるべく、試行錯誤の日々です。家事もモリモリ、夢もモリモリな我が家。そのために三つ子の出産&育児情報、育児ハック、ママのための講座などを中心に発信していきます。

子どもたち紹介

子どもたちは個性豊かな4姉妹!
長女&一卵性三つ子のおんなのこです。

ねーね
ねーね
今日の朝ごはんと給食とおやつと夜ごはんなにかな・・・

主に優しさと食欲でできている長女。
四姉妹の長女という運命に立ち向かう心やさしきヒロイン。
趣味はYouTube鑑賞。お絵かきや工作が得意!

いちこ
いちこ
いちこはおともだちとあそびたいな〜

三つ子の中でいちばん最初にお腹から顔を出したリーダー。
そのことはほとんど知られていないが、なぜかどこに行っても「いちこちゃんたち」と代表者扱いされることが多いリーダー気質。
交友関係が広く人気者。

にこ
にこ
にこはね、おおきくなったらどれすになりたいの

家族全員が認めるファッションリーダー!
1歳代から美意識が高く、衣装を見ると試着せずにはいられない。
フォトスタジオに行くとキッズモデル顔負けのポージングを次々と繰り出す。

みこ
みこ
みこはおふとんででコロコロしたいの

ふわふわした外観とおっとりした動き方で癒しキャラナンバーワン。
本当は毎日お気に入りの毛布に包まり、家でまったりしていたい。
手先が器用でアーティスティックな絵をかく。怒ると体重をかける技で姉妹を泣かせている。

 

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング