今ある家電で料理革命♪流行の「ほったらかし料理」に挑戦してみた!

今ある家電で料理革命♪流行の「ほったらかし料理」に挑戦してみた!


あけましておめでとうございます!
昨年はどんな一年でしたか?
私はワンオペ育児をスタートしたり、toeicに挑戦したり、オンライン講座や資格取得、パン作り、このホームページ開設〜と挑戦の一年でした。
あまり器用なタイプではないので、試行錯誤で、そんなこと普通なら挑戦と呼べないレベルかもしれないけれど私にとっては挑戦!^^
そして今年は昨年に始めたことをさらに深めていく一年にしたいと思っています。
皆様やご家族にとって幸多き1年になりますように。

クックフォーミー?ホットクック?自動調理鍋って何?

さて、本日の本題に入ります。
先日友人がfacebookで「ホットクック」を激推ししていたんです。

ホットクックとは?
sharpが発売した「水なし、自動、予約調理の電気鍋」
語源は「ほっとく」だそうな^^;
つまり、材料を入れて、メニューを選び、スイッチオンで、翌朝にはホカホカの料理ができていたり、仕事から帰ってくるとホカホカの料理が食べられるということ♪

ほっておくといつの間にか料理ができている、というのはまさに「おいおい最高かよ!?」ですよね。
実家にいた頃、お母さんがほっておいても夕食のおかずを作ってくれる、まさにあのイメージ?!
確かに、私のような子沢山の方や多忙なワーママ、多胎マムにはぴったりかも!

「ほったらかし料理」は家にある家電でもできる?

ただ、夢のようなアイテムはお値段もお高め。
2019年1月現在、大容量2.4Lタイプが4万円台です。
ちょっと買ってみようかな、と思うにはハードルが高いです。
そんなとき読んだ勝間和代さんの「超ロジカル家事」に「もしIH鍋が高いと思うなら、まずは家にある家電でもほったらかし料理はできます」との記載が!
そこで我が家にある「オーブンレンジ」「炊飯器」で早速ほったらかし料理に挑戦してみました。

オーブンレンジ編

★ミルフィーユチーズカツ
あまりの簡単さに度肝を抜かれた一品。

オーブン用の角皿にパン粉を撒く

豚ロース薄切り肉(数枚重なっていてok)を作りたいカツの数並べる

肉に塩コショウを振って手で折ったとろけるチーズをのせる

さらに肉を重ねる

上からパン粉をふりかけ、周りに落ちているパン粉も寄せて、手で軽く成形する

オリーブ油をまわしかける

ノンフライボタンで15分前後加熱で完成!!

揚げ物自体、油の処理が面倒臭いのと、調理時間がかかるので(食べる量が多いので箸で一つ一つつまんで揚げるのが大変)、こういうメニューは外食のお楽しみと割り切っていましたが、これからは定番になりそうです。なんと包丁も軽量スプーンも一回も使用していません。後片付けも角皿を洗うのみ。

★カレー
勝間さんの本で紹介されていた簡単カレー
電子レンジのスチーム機能で蒸した野菜と肉を温めただし汁に投入してルーを入れるだけ。
炒める手間、野菜のやわらかさを確認しながら煮込む手間がないのでストレスフリーで、実働時間は15分くらいです。
我が家のヘビロテメニューのカレーがこんなに簡単になるとは思っていなかったので嬉しい驚き^^

★唐揚げ
下味、粉をつける

角皿に焼き網をのせ、肉を並べる

ノンフライボタン調理で完成!

同じく我が家の人気メニュー唐揚げ!もも肉2枚がぺろっとなくなるので、毎回揚げるのが大変でした。揚げたてが何より美味しいけれど、目の離せない幼児4人のいる場で揚げ物をするのはなあと思って、揚げたてを食べるのは断念していました。でも、オーブンレンジでピッと押すだけで後は勝手にやってくれるので本当に楽に美味しく食べられるようになりました。そしてヘルシーなのも嬉しい^^

★スープ
茹で野菜ボタンで下処理をして、温めておいただし汁に投入し、好みで調味。

まとめ
汁物を作って一番感じたのが、素材の味がしっかり残るということ。
いつもはごった煮にしているものを、電子レンジで下処理してから調理の後半で投入することで、野菜の味がしっかり残りました!この調理法にして初めてカレーを子供達に食べてもらった時、「お母さん!ジャガイモが美味しい!あ、人参も美味しい!」と食べてすぐに4歳の長女が言ったんです^^いつもは野菜は出来れば残したい存在で、お肉のことは言うものの、野菜の味を褒めるなんて初めてだったのでびっくりしました。
また、煮込まないことで煮くずれしないので野菜の形もきれいなまま、色も鮮やかです。

炊飯器編

★豚の角煮
クックパッドで発見した簡単レシピ。
炊飯器で簡単!トロトロ~角煮♪
フライパンで軽く焼き目をつけた豚バラかたまり肉を、水、生姜、長ネギと一緒に炊飯ボタン。

炊飯完了したら、調味料とお好みで大根や卵を入れて再度炊飯ボタン。炊飯完了で出来上がり!

夫が作ってくれた豚の角煮がとっても美味しかったのですが、工程が多く、2時間強は火のそばで番をしなければならばならないレシピだったので、もっと簡単に角煮が食べたいと思い、挑戦しました。一度圧力鍋のレシピも挑戦したんですが、そちらは少し肉が固くなってしまいました。炊飯器角煮はものすごくトロトロでしみしみの出来!味も大満足でした。途中で外出もできるし、昼寝しててもできてしまうという手軽さがすごいです!

まとめ

今回の挑戦にあたり、説明書をよく読んで知らなかった家電の便利な機能に気づくことができ、毎日のことが不便→便利に変わりました。使わないともったいない。今家にある家電のポテンシャルを感じました。
ほったらかし料理をやってみて感じたことは、「私たちは思っている以上に料理をしながらすごくたくさんの判断をして、手を動かしている」ということです。コンロから聞こえる音、匂い、視覚から焼きムラや混ぜむらを判断して、火加減の調整や手を動かしています。ほったらかしにすることでどれだけ楽になるだろうと事前に想定していたよりも、高いレベルで料理のストレスが減りました。調理から離れることができるので、その間に他の家事を済ませることができ、大幅に時短ができました。そして何より、美味しい!
家電でのほったらかし料理は料理が嫌いな人だけではなくて、むしろ、普段料理が好きで手をかけている人の方が有り難みを感じるかもしれません。

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング

家事時短の工夫カテゴリの最新記事