三つ子情報

子育て中の怒りを管理できる?!アンガーマネジメントを調べてみた①

こんにちは!
毎日怒ってますか?!(いきなりですいません笑)私は毎日怒っていますよ(`・∀・´)子供を育てている普通の母親で、怒らない人っているんでしょうか(´-`)母親じゃなくても、怒らない人間っているんでしょうか?うちの子供達は1歳くらいから自分の思う通りにならないと怒っているように見えたので、怒りって人間の中に備わっている自然な感情な気がします。
怒るの好きですか?って聞かれて、大好き!っていう人はあんまりいなさそうです。怒られるの好きですか?っていうのもまた然りで、怒られるのって嫌ですよね(*´-`)できれば怒りたくないし、怒られたくないって思うのが人情です。

三つ子母は怒らない?!

私は見かけが呑気な感じなので(プロフィール参照のこと)、よく支援センターのスタッフさんや単胎ママさんに下記のようなことを言われます。
「三つ子ちゃん育ててるのに全然怒ってる感じしない!!」
「穏やかな性格の人のところに、三つ子ちゃんは授かられるのね」
「1人でもストレス溜まって怒り狂ってるのに、3人(4人)なんて普通の人だったらおかしくなりそう。」
「あなたは選ばれし人なのね」

なーんて、なーんて言われてます。
いやいやいや、あなたほんとうにそんな人間いると思いますか?!と突っ込みたくなりますが、毎度説明するのが大変なので穏やかに微笑むことにしています(^^; 怒らないんじゃないんです…色々諦めてるんです…同じことを日に何十回も言うのに疲れちゃって怒る気力がないんです…育てるのが大変すぎて、生きて元気でいてくれるだけでいいって思ってるのであまり細かいこときにする余裕がないだけなんですよ…そーれ、ワカチコワカチコー!(やけくそ)
もし、三つ子母があまり怒らないように見えるとしたら、ストレス耐性が強まっているというのはあるかもしれません。とはいえ、もともとは普通の悩める母が、ものすんごいストレスに晒されて、自分を守るためにいまの精神状態に行き着いているだけなので、もともと穏やかな母、というのは周りから期待されているだけの幻想なのかなぁと思います。
そんなわけで、「子育てと怒り」は私にとって身近なテーマでした。怒りはトレーニングによってコントロールできるようになるのではないか?と常々感じていたので、アンガーマネジメントという存在を知り、早速色々調べてみました。

アンガーマネジメントって何?

1970年代にアメリカで発祥したと言われている心理療法プログラムです。約10年前に日本に入りました。アメリカでは9.11以降のストレスマネジメントに活用され、義務教育にもなっており、5歳の子供から学ぶそうです。また、犯罪者の更生にも活用され、刑務所の入所者にも施されるそうです。日本アンガーマネジメント協会によれば、受講者は右肩上がりで、2017年度は22万人の受講があったそうです。

そもそも「怒り」ってなんだろう?

怒りとはなんでしょうか?あなたはどんな時に怒りを感じますか?1つの答えは、期待したことが叶えられない時に怒りが沸く、ということだそう。
つまり、期待の裏返しです。
それでは期待とはなんでしょうか。こうしたかった、こういう結果になってほしかった、こうしてほしかった〜という気持ちですね。幼児でも、
「だっこしてほしかったらのに(そうならなかった)」
「自分でやりたかったのに(手出しされて出来なかった)」
「一人で遊びたかったのに(他の子供におもちゃを取られた)」
などなど怒り狂っている姿をよく見かけます。
大人だと、社会通念や自分のポリシー、価値観が形成されているので、「当然こうあるべき」という期待が裏切られた時に怒りが沸くのではないかと思います。例えば、「時間は守るべき」「会社の飲み会には必ず参加するべき」「ゴミはゴミ箱に捨てるべき」などなど、、つまり「べき」の摩擦で怒りが沸くのだと思われます

いかがでしたか??次回はアンガーマネジメントのエッセンスに三つ子育児の実体験を交えて、アンガーマネジメントの具体的な方法についてお伝えしていきます。

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング