三つ子と「おしりたんてい」なぞときショー

三つ子と「おしりたんてい」なぞときショー


こんにちは!先日、家族でおしりたんていのなぞときショーに行ってきましたヽ(´▽`)/ここのところ、我が家の子供達のおしりを…いや、こころを鷲掴みにしている「おしりたんてい」です。

おしりたんていって何?知らない方へ

Wikipediaによると、、

顔の形が「おしり」に見える名探偵の「おしりたんてい」が、数々の難事件を解決していく謎解き物語。2012年に3~5歳を対象とする「絵本シリーズ」に、2015年からは小学校低学年向けの「児童書シリーズ」が加わった。児童書は半年ほどに1冊のペースで刊行されている。
キャラクターのインパクトや、犯人を追い詰める必殺技が子供たちにうけ、2018年7月現在シリーズ累計300万部を超える。

そして、なんと2018年12月よりEテレでレギュラーアニメ化!!
Eテレでは2018年5月、7-8月にアニメ化され、人気が拡大し、今回のレギュラーアニメ化につながったそうです。

気になる放送時間は?
2018年12/1より毎週土曜 午前9時放送

おしりたんてい Eテレ公式
http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=oshiri-tantei

我が家の四姉妹とおしりたんてい

四姉妹はお風呂に入るときに、「おしりたんてい!」と言ってからお風呂場へ行きます(*´-`)いつまでこんなに無邪気でいてくれるんだろう。
いまではおしりたんていのテーマソングを聴きながら登園するのが日課に。
おしりたんていとの出会いは保育園での読み聞かせのようで、ゴロもいいのか「おしりたんていよんだ!」とよく言っていました。いつもは本を汚す壊すなどが恐ろしく書店へ子供たちを連れて行くことがないのですが、珍しく連れて行くと児童書コーナーで「おしりたんてい」を発見!「これは児童書だから小学生のお姉ちゃんたちが見る本だよ」「長いから難しくて読めないよ」と説得を試みるも、「ぜったい、おしりたんていがいい!!」と珍しく頑として説得を受け入れない長女。それから毎晩の読み聞かせの定番に。かくして我が家に「おしりたんてい」ムーブメントがやってきたのでした。

おしりたんてい人気の理由は?母目線で分析してみた

①安心感のある顔立ち
まずフォルムが可愛い。子供達のおしりにそっくり。もしくは赤ちゃんのほっぺた。色使いもふんわりしていて、赤ちゃんのおしりのよう( ´ ▽ ` )見ているだけで幸せな気持ちになります。
あのお顔の形の大きな枕があれば、あいだに挟まれて寝てみたいです。

②あくまでも上品
実はタイトルとは裏腹に、下ネタ的な言葉は出てきません!幼児ママだと子供に下品な言葉を覚えさせたくない…とタイトルだけで倦厭している方もいるのかもしれませんね。私は「うんこドリル」はちょっとなぁ…タイトルを連呼されると困るなぁと思っていたので、それと同じようなイメージで入ったのですが、実際に出てくる言葉はあくまで上品です。おしりたんていはレディーを大切にするジェントルマンで、どんなピンチの時も敵に対しても紳士的な態度です。下ネタ的要素は間接的に描かれており、怪盗U(あのシルエットを頭に乗せている)、おしりたんていの相棒はブラウン(おしりたんていのそばにいるとあれに見える)、臭い必殺技(しつれいこかせていただきます!の決め台詞と共に口から息を出す)など。子供の大好きな下ネタ要素もありつつ、おしりたんていごっこをしていると、言葉遣いがいつもより上品になるというパラドクスが…。

③ゲーム要素がある
児童書のおしりたんていは、本筋の謎解きももちろん読み応えがありますが、ゲームブックのようにストーリー以外にも楽しめる要素があります。子供が飽きることがないです。たとえば、

ページの中からおしりマークを探す
ストーリー分岐
迷路
間違い探し

2歳の三つ子も4歳のお姉ちゃんもページに顔を寄せ合って「見えないー!」「あったー!!」「みせてー!」と頭をゴチゴチぶつけ合いながらみんなで読んでいます。

(ネタバレあり)おしりたんてい謎解きショーの中身とは?

先日、郊外の住宅展示場のキャラクターショーでおしりたんてい謎解きショーを見てきました。
YouTubeで昨年の池袋イベントの告知動画を見て、ひたすら行きたがっていたので、リアルイベントが家から行ける範囲で(しかも車でアクセスできる!)やるならいくしかない!と一念発起。基本的に人混みが苦手なわたしと夫は連休などにイベントに行くなんて多分2人だけなら絶対しない…。行くと言っておいて行けないとなると家で暴動が起きるので、当日車が発進する直前に行き先を確定し、走り出してから娘たちには告げました。
会場にはオープン前に着きましたが、既に住宅展示場の駐車場は満車!そして会場入りした際には既に地面に敷かれた着席用ブルーシートは人で埋め尽くされて、わたしと長女次女だけ最後列になんとか座り込み、夫と三女四女は立ち見の列に加わりました。 観客はもちろん親子連れ多数。児童書原作なので小学生が多いのかなと思いきや、年中の長女と同じくらいの子供が多いように感じました。
行く前から実はかなり不安で…。なぜかというと、謎解きショーというタイトルから想像するに、2歳と4歳の子供達が置いてきぼりになるようなトリックの説明ばかりで途中で飽きて泣き出したらどうしよう、と不安で。実際はそんなことなかったんですが^ ^
そしてストーリーは、美術館のある美術品を盗むとかいとうUからの予告状が届き、おしりたんていとブラウンにその美術品を守って欲しいと依頼が来て…。おしりたんていとブラウンは美術品を守れるのか?!という内容です。児童書の仕掛けのように「さっきと変化さしたところはどこだろう?!」「どこに隠れているんだろう?!」と問いかけがあり、見ている子供達もおしりたんていと一緒に謎解きストーリーを体験できます^ ^我が家の子供たちも大声で答えを言ってみたり、応援してみたりと目の前で動くおしりたんていに大興奮でした。
出演キャラはおしりたんてい、ブラウン、すず、かいとうU、鈴木(おまわりさん)でした。
ストーリーが終わった後はおなじみのテーマソングのダンスタイム!司会から簡単なダンスレクチャーがあったのち、おしりたんていや仲間たちと一緒にダンスダンス\(//∇//)\長女と三女は真剣な顔でキレキレのダンス(いつも動画を見ながら踊っている)を披露していました。そして途中から「おかあさん、髪の毛、おしりたんていだよ」と言って前髪を七三分けにしていました(*´-`)
公演時間は約25分。
ショーの後には写真撮影会がありました^ ^我が家は子供達の集中力の限界で写真撮影はせずに帰途に。案内を聞いていると、ショーの座席の先頭の方から撮影順となり、ひと家族ごとの撮影ではなく、合同撮影になるとのことでした。
全体を通して子供達は大満足!幼稚園の先生や近所の人にも「おしりたんていのしょーにいったんだよ!」と話しまくっています。
今回のようなショーのパッケージ以外にも、書店でおしりたんていに会えたり、直近だと京都の太秦映画村にて2018年7月14日(土)~9月30日(日)の期間に、親子で楽しめる体験型イベント「おしりたんてい ププッとかいけつ!なぞときフェスティバル」が開催されているそうです。

おしりたんていイベントスケジュール
http://www.oshiri-tantei.com/events/

おわりに

おかあさんが見てもほっこりニンマリできる「おしりたんてい」。下品な表現もなく、子供も夢中になって楽しめる作品なので、まだ見たことのない方はぜひ一度見てみてほしいオススメのシリーズです。謎解きショーのイベントも短時間ながら小さな子供も参加でき、満足度の高いものでした。これからも我が家のおしりたんていブームは続きそうです^_^

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング

子連れお出かけカテゴリの最新記事