食べた気がしないぞ!食事中の様子レポート〜2歳半編〜

食べた気がしないぞ!食事中の様子レポート〜2歳半編〜

こんにちは!突然ですが、幼児との食事ってすごい大変ですよね。。もともと食べること大好きだった私ですが、子育てするようになって食べる楽しみというのは人生のシェアが下がってしまいました。極端にいうと、もう栄養が取れたらなんでもいいというか…。それでも、赤ちゃん期に比べてはかなり楽になったので、今は食べ物を食べたい時に食べられるって素晴らしい!とさらに食に対して貪欲になったような気がします(`・ω・´)

■食事中の様子 (2歳3人 4歳1人VSアラサーオカン1人)
現在の我が家の食事をレポートします。
平日は夫は帰宅が遅いので、先に私と子どもたち4人で夕食をとります。数ヶ月前まではローテーブルに豆椅子で食事していたのですか、今はダイニングテーブルに座って食べています。
「ご飯だよー」の掛け声でテレビのスイッチオフ、一斉に食卓へ。我先にとオカーサンのとなり!と席に座ろうと椅子取りゲームの様相(^^;;5人が席に着いたところで手を合わせて「いただきます!」まずは飲み物を飲み干して「おかわりー」、ごはんを食べて「おかわりー」、おかずを食べて「おかわりー」。後半になると口(手)が汚れちゃったから拭いて!、お皿ピカピカにしたいから手伝って!、このお豆が刺さらないから刺して!、甘えん坊の四女が口を開けて食べさせてのポーズ、お皿の外に落ちちゃったから拾って、お母さんに隣に来て見てて欲しいなどなど要求が続々と。私はダイニングテーブルの周りをスツールを動かしながらくるくるとまわります。だいたい20分くらいで調子よく完食した子どもが離脱して、そのあとは苦手なものに苦戦した子供を励ましながら完食を手伝い、終了(⌒▽⌒)私はメインのおかずを奪われ、子供の残した副菜(主にサラダなど)とごはんを食べ、終了〜( ̄▽ ̄)意外とスムーズです。三つ子2歳くらいまではもっとザバザバとこぼしていたので、大人と子は入れ替え制で子供の食事が完璧に終わってから親が食事をとるスタイルでした。子供たちも上手に食べられる様になったので、今は外食もできるようになりました!
同じ年齢の双子ちゃんママの話を聞くと食事の食べこぼしがかなり大変ということでした。友人の三つ子ママは食べこぼし対策に床一面に新聞紙を敷いて食事をしていると言っていたので、それに比べるとうちは食後一箇所か二箇所をティッシュで摘んで終了なので、本当に少ないです。小さい頃から保育園でしっかりしつけていただいた事と、食事グッズの工夫で軽減されている面もあると思うので、下記で紹介します。

■ママの負担を軽くするおすすめ食事グッズ

〜軽いのに形が崩れず、こぼれた汁物もしっかりキープ!!の名品〜
ベビービョルン ソフトスタイ

このスタイのお陰で、食べこぼし激減。汁物ザバーでビショビショお着替え案件もほぼなしです!1歳くらいの頃は手の動きがぎこちなくて汁椀やコップを逆さまにビシャーっていうのがよくあったんですが、このスタイは折り返し部分が深くて大きいので子供の汁物やお茶くらいの量でしたら余裕で全量キャッチしてくれます。そして慌てず騒がずそっと子供に近づいてスタイの汁をお椀に戻せばミッションクリアです(`・ω・´)現在では子供たちもソフトスタイはもう1つのお皿くらいに思っており、スタイに落ちたものは落ち着いて自分でフォークに刺し直して食べてくれます。また、スタイにこぼれた汁物は自分でスタイを取って口元に当てて脇からぐびぐびと飲み干すなど、見た目的にはワイルドでちょっとアレですが(^^;、自分でなんとかしてくれているので母としてはかなり助かります。

〜豆腐やスパゲティの高難易度メニューもジブンデ!食べられて2歳児も達成感あり〜
エジソン フォーク&スプーン

こちらのフォーク&スプーンはなんでもジブンデ!という気持ちの2歳児と、できれば自分でこぼさず上手に食べて欲しいというママの両方が嬉しいアイテムです!私自身そこまでフォークとスプーンに差があると思っていなかったのですが、外食するようになり、お店でお借りする子供用フォーク&スプーンと比べると、子供が食べ物を刺し損じるまたはすくい損じる回数が圧倒的に少ないです。フォークの麺類をキャッチする溝も秀逸ですが、スプーンの先が丸ではなくて台形のような形なので、皿に垂直に立ててもフィットするし、斜めに当ててもフィットするので、プレートの淵まで綺麗に自力で食べてくれます!ありがたや(=´∀`)

最後にオマケで、ダイニングテーブルの食事のメリットデメリットをまとめておきます。
ダイニングテーブルとローテーブルで食べる食事、どちらがいいのかと悩みますがどちらもメリットデメリットがあります!
●ダイニングテーブルのメリット
自分で登り降りしにくいので勝手に食事をやめてフラフラ歩かない。子供の目線が高いので余計なものが目に入らなくて食事に集中できる。ローテーブルに比べて子供に散らかされにくいのですぐ食卓準備に入れる。
●ダイニングテーブルのデメリット
毎回登り降りの補助をするのが大変(先日1人抱えたまま、他の1人を載せた椅子を引こうとして腰にダメージを受けました…涙)

以上、食事レポートでした(⌒▽⌒)それでは今日はこの辺で!

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング

未分類カテゴリの最新記事