三つ子育児に一区切り

NO IMAGE

こんにちは久しぶりのブログ更新です。

しばらくこちらのブログを放置していたのですが検索サイトで「みつご ブログ」と検索したときに上位にこのブログがかかってくるのを見て、世の中に必要とされているのではないかと考え再度書き始めることにしました。また、私自身も生活が落ち着き、発信することに飢えていると言うこともあるかもしれません。

現在我が家の三つ子は2歳になり元気にすくすくと育っております。

●三つ子育児に一区切り

先月三つ子の子育てに一区切りつく出来事がありました。出産前から出産後2歳になるまでは親の家に居候をして子供たちを育てていたのですがこの度、親の家を出て私と夫、子供たちで暮らすことになりました。いつまで実家のお世話になるかはとても悩んだのですが2歳を超えたこと、季節がこれから暖かくなる事を踏まえ、新居に引っ越しました。

子供たちは幼稚園に通っています。また夜はとてもよく眠るようになりました。夜泣きもなくなりました。出産後の全く眠れない日々を思い出すと、今のように睡眠を普通に取れると言うことが夢のように感じられます。三つ子育児の先輩に、いつか落ち着く日が来るよ、と言われても全く実感がわかずにいましたが、子供たちを送り出すと急に家が静寂に包まれて、思ったよりも早くこんな日がきたんだなと実感します。

街で双子の赤ちゃんを見かけるたびにあの頃の辛い気持ちを思い出しついつい話しかけてしまいます。どんなに長く辛い夜も必ず開けると、お母さんたちには伝えたいです。

 

●三つ子乳児期育児のサポートを増やして欲しい

終わってしまえばあっという間だった気がしますが、この2年間は地獄のような日々でした。子供を可愛いと思う、出産後の母親なら当たり前の気持ちが持てず、ああ可愛いなぁと思うのはここ最近のことです。

学生の頃社会科で習った生存権=健康で文化的な最低限度の生活と言う言葉がありますが、多胎児育児に関しては金銭の有無に関わらず、この言葉を真剣に考えてしまうような状況になります。数日間眠らずに昼夜問わず他者からの要請に応じて行動し続ける、食べたい時に食べられない、着替えられない、洗面排泄が思うようにできない、健康の悪化、交友関係の断絶、社会との隔絶、外出出来ない、など普通の大人なら当たり前にできる事全てに負荷がかかります。これが企業勤めによって引き起こされたことなら間違いなく訴訟になりそうですが、育児なら仕方ない事、と世の中ではなってしまいます。通常時でもこの状態ですから、子供が病気にかかったときまたは母親が病気にかかったときは、支援者のサポートなしでは全く立ち行かなくなってしまいます。公的なサポートは無い自治体がほとんどです。また民間のサービスは対応エリアは東名阪がメインです。私は三つ子の乳幼児期を地方で過ごしましたが、県内のめぼしい事業者全てに電話しましたが、小規模であることが多く、1人もしくは2人の子供には対応していても、手のかかる乳児期の三つ子については人数の確保ができない等を理由に断られてしまいました。どんなにお金を払ってでも助けて欲しいと思っても、受け入れ先のサービスがないのです。

その後、子供たちが一歳になる前にいちど転居し私の出身地に移りました。いざとなるとやはり頼れるのは地域のつながり、自分や家族が地道に積み重ねた信頼、それしかないと言う気持ちに思い至りました。

地域の人たちの温かいサポートに恵まれ、子供たちは笑顔が多く活発に、健康的にすくすくと育ちました。

結局、この環境にたどり着くまでに転居で高額な費用を要しましたし、精神的にも疲弊しました。核家族している現代では、このような環境を手に入れることが難しく、孤立してしまう場合もあると感じます。

私たち夫婦の場合は出産前に共働きで貯金がいくらかはあり、今はマイナスの収支になったとしても、少しでも育児の負荷を減らすためならお金を使おうと夫と合意していましたが、逆にサービスがあったとしても金銭的な負担が重く、(シッターサービスを利用する場合、2人目、3人目、4人目とオプション料金が発生し、一日中利用すれば数万円になります。)利用できない場合もあると思います。

多胎児育児で生きてるのか死んでるのかわからない、、というくらいの気持ちを抱きながら毎日闘っているお母さんたちをサポートする体制の整備を強く願います。

 

●現在の我が家の三つ子育児に対する私の課題感

眠りたい食べたいと言う母の強い欲求は落ち着き(^^;;、今は4人の子供たちのより良い成長のために何ができるかということを考えています。

お金も時間も、親2人に対して子供4人。限られた時間とお金の中で4人の成長をどうサポートしていけるのか。

そして、親から子へ受け継がれるものという側面が育児にはありますが、私自身も2人兄弟で、夫も2人兄弟、一人っ子や2人姉妹が増えた世の中で、4人の子供たちとの暮らしのノウハウがなくいつも手探りで、、

体系的に学びたいという欲求が高まっています。

そして、三つ子たちも食べ物もなんでも食べれるし少しは歩けるようになり、お出かけもできるようになってきて、そういう意味ではワクワクもしています。

これからも手探りはきっと一生続く気がしますが…学びながら家族で成長していきたいと思います(*^^*)

今回はこの辺で。

<<応援よろしくお願いします!他の三つ子ちゃんのブログも見られます^^>> にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村
育児・三つ子/四つ子ランキング

未分類カテゴリの最新記事